【日記】記憶の増大

記憶は知覚を客観的にそのまま保存したものではなく、後から想像力が働き様々な意味を付加されて成立しているものだと思う。

2017.07.17

 今日は講習の中休み。とはいっても売れっ子ではないので、序盤からコマが入っていない今日この頃、といった方が妙だろう。

 
 断線したので、修理に出そうと思い、元箱にしまっておいたSennheiserのie800を箱ごと失くしてしまったことに気づく。我ながらモノの管理の下手さには閉口するしかない。
 
 おそらく、次に引っ越すときに出てくるのだろう。えてして失くし物とはそんなものだ。
(つづく)
(承前)
 ゴキブリが姿を見せた。何年ぶりだろう、久方ぶりの対面だ。ここに引っ越してから生活コストのことを考えて台所をつぶしたのだ。つまり、単なる物置の空間としたのだ。だからゴキブリたちの悦楽を奪ってしまった。
 
 最近、シンクの前に立ちながら飯を食う習慣が身についてしまった。そうして旧台所のスペースにゴキブリの悦楽の種の食いカスと食物の匂いがついた容器を捨てたゴミ袋が出現した。きっと、それをいいことに姿を見せたのだろう。
 
 とりあえず、ずいぶんと昔に買ってそのままにしてあったゴキブリ用殺虫剤をゴキブリに向けて噴射した。僕も、こうは書いているが、ゴキブリは苦手だ。しかし勘所を外したのか、現れたゴキブリの骸は見つからなかった。逃げ足の方が速かったのか、僕のどんくささが災いしたのか。
(つづく)