【日記】記憶の増大

記憶は知覚を客観的にそのまま保存したものではなく、後から想像力が働き様々な意味を付加されて成立しているものだと思う。

2017.07.21

 午前中から午後にかけて、夏期講習「現代文」の授業を2コマ分やる。仕事としては物足りない。が、いつもここで曝している通り、これが今の自分の分限なのだと思う。「仕事があるだけマシ」と言えるかもしれないが、この程度の仕事の内容と質、そして場にありつくだけではこの商売をやっている以上、カースト内の下層民に位置する人間だと自己に判断を下すしかない。

 
 それは、前から分かっている。
 
 それにしても、最近、関東地方は地震が妙な感覚で起きてはいないか。今も昔から使っている机に取り付けた山田の黒い電気スタンドが少し揺れている。ほんの少しだが。
(つづく)
 
(承前)
 相撲。ここのところ宮城県出身の関取が出ていないので、いまは宇良がお気に入りの相撲取りだ。
 
 右ひざを負傷してから、負けが込み始めた。今日は、よほど悪いのだろう、右ひざにテーピングをして患部を固めて出場していた。テーピングをするのは宇良も本意ではないだろう。それは、美しい均整のとれた身体を自らの才で作り上げた努力の人、宇良の身体に似合わず、浮いていた。結果は琴奨菊の前進に抵抗できず土俵を割った。その姿が宇良には似つかわしくないように見えた。しかし相撲界のカーストの最上位では何の理由も理由ではなくなり、相手方の関取生命を伸長していく格好の餌食となるばかりだ。
 
 休場して治療に専念し、次場所以降に再起をかけてほしいと思うのは素人考えなのだろう。勝負の世界に住み、そこで生き残る相撲の勝負師たちは、僕のような大凡人の想像力など圧し潰すかのように、自らの身体の状態が不十分でも土俵に上がり続ける。「怪我とどう付き合うのか」――おそらく多くの力士、特に上位で取る関取衆の命題だろう。上位レヴェルで怪我をせずに闘える者は皆無と、極端な程度表現を用いて言い表してもよいだろう。
(つづく)
 
(承前)
 白鳳に花束を。
 拍手を。
 足を踏み鳴らせ。
 これから無人の荒野を行く白鳳の前途に現れるだろう新たな栄光を同時代に目撃、体験できる僕らも祝福される存在なのだから。そんなたまさかの幸運が運んできてくれる映像を目いっぱい浴びようではないか。あるいは名古屋まで観に行こうではないか。
(つづく)